口紅 印象 変わる

口紅は、明るい表情を作る大きなポイントでした。

学生時代からあまりメイクをしない方で、口紅も就職活動の面接の際に塗った程度。
いざ社会に出てもあまり人前に出る仕事ではなかったので口紅はほとんど使用していませんでした。

 

百貨店のコスメカウンターにならぶビジュアルを見て、あんな濃い色普段から使う人いるのかな・・・
と思っていたくらいですが、30歳を過ぎてから口紅が気になり始めました。
というのも、20代の頃とは異なり、それまでと同じ基礎化粧品では物足りなくなってきたことを感じたからです。

 

仕事を終えるころにはもう一度化粧を直した方が良いかと思うほど暗い顔になってしまっていることもありますし、
以前から使っていたチークの色が妙に浮いて見えたりします。
また、ずっと同じ職場にもかかわらず、日中の肌の乾燥具合がはっきりとかわってきて、
リップクリームを利用したり、スプレータイプの化粧水で水分補給をしたり、ハンドクリームをデスクに常備するようになったりしました。

 

思い切って化粧品をかえようとカウンターに行き美容部員さんに相談したところ、基礎化粧品だけでなく、派手すぎない、なじみの良い色の口紅も紹介され、試しに塗ってもらったところ、自分でも見違えるほど明るい表情になって驚きました。

 

アイメイクもチークも自分が使っているもののままだったのですが、口紅ひとつでこんなに印象が変わるものかと感動すら覚えたほどです。

 

口紅自体はかなり濃い色だったので、塗る前は「こんなキツイ色、顔に合わないよ」と思っていたのですが、
塗ってみるとその印象は一変、もともとの唇の色と相まって、不自然に浮かない素敵な色です。

 

口紅のように色の強いものを使うことで「化粧をとったら別人じゃん」と言われることが嫌だと思っていたのですが、
それはそれとして、自分自身はもちろん相手にもこんなに明るい印象を与えるのなら、これは「アリ」だと思えました。

 

若いころは、もともとの血色と潤いで、口紅の力を借りなくても明るいきれいな表情を保てていたのだと思いますが、加齢によって少しずつ失われていくものがあるということをきちんと認識する必要があるようです。

 

自分の体だけでは作りだせない栄養や潤い、ハリ、つや・・・服のスタイルを変えるように、基礎化粧品をかえ、メイクの力を借り、その時々の自分のベストを保ち、見せることはとても素敵なことだと思います。

 

以前まであんなに敬遠していた口紅ですが、今は数本持って気分や服装に合わせて色を選んで使っています。
多少濃い色でも、オフの日を楽しむツールとして塗るようになりました。

 

今の口紅は保湿成分が含まれているものもあり、リップクリームと併用せずとも潤いのある唇を保ってくれます。
ただ、口紅が肌の負担になっているだろうことも忘れずに、クレンジングできちんと落とし、少しでも与えるダメージを減らすよう心がけています。
口紅がこんなに魅力的で、明るい表情づくりの強い味方になるとは思ってもみませんでした。

 

 

口紅というものを敬遠している方は、一度カウンターで自分に合う色を見てもらってください。
自分の考えにとらわれすぎず、試してみることをオススメします。

 

>>>女性の味方のお守りルージュ

関連ページ

30代に似合う口紅とは
30代に似合う口紅とは何でしょうか?30代に似合う口紅について考えます
大親友からの流行りのカラーの口紅のプレゼントのお話
大親友からの流行りのカラーの口紅のプレゼントされました!その時のお話です。
ひまし油フリー!バリアを壊さず潤い唇へ。
唇の乾燥のお話です。